パーティドレス専門店でトータルコーディネート

専門店ならではの魅力

パーティドレスといえば、華やかで派手な印象ですが、実際には冠婚葬祭にも使えるものも多いです。特に結婚式には、今でも花嫁さんのウエディングドレスとかぶらないカラードレスを着ていくのが主流ですね。しかし、パーティドレス選びに必死となり、靴やバッグは普段使いのもので間に合わせたりしていませんか。
せっかくこだわって選んだドレスも、がっかりな印象にならないために、ぜひ靴やバッグにもこだわってみましょう。そこで便利なのがパーティドレス専門店です。専門店といっても、地下街やショッピングモールなどにも入っているので、気軽に見ることができます。音楽大学の学生さんたちが衣装を買いに行かれるようなお店ですので、比較的安価で、でも品質は確かなものが置いてあります。
ドレスの種類も豊富で、スタンダードなロングドレスから、カジュアルなデザインのミディアム丈のワンピース、最近流行りのワイドパンツのセットアップなど、流行も押さえています。専門店でドレスや靴、バッグを揃えると、まずは冠婚葬祭のマナーに関して間違いがないという大きなメリットがあります。靴については、殺生を連想する牛革や羊革の製品は避けたほうがよいため、基本的には専門店には合皮の靴しか置いていません。そのように、細部にまで気を配れるのは専門店ならではのサービスではないでしょうか。

パーティドレスの選び方

パーティドレスには様々な種類があります。色やデザインの他にも、素材や丈の長さなどTPOに見合ったドレスを選ぶことが大事です。ですので、どのような種類のドレスがあるのかを見ていきましょう。まず、ひざ丈のパーティドレスはカジュアルからフォーマルまで幅広く対応できるので一着持っていて損はないでしょう。
結婚式ではマナーとして、白に近い淡色系の色は避け、肩が出る場合は何か羽織り物を着るといいでしょう。ビジネス関係でのパーティーならば、黒っぽいシックな色合いが好ましいです。また、色だけでなく素材によっても大きく印象は変わります。サテン生地のドレスなら大人っぽいセクシーな印象を与えることができますね。次に、ロング丈のパーティードレスはフォーマルな場所で最適です。
スラッとした体型で背が高い方や、ボディラインを強調したい場合にはマーメイドラインやAラインのロングドレスがお勧めです。逆に背が低めの方や、ボディラインを強調したくない場合にはプリンセスラインやシフォン生地を使ったドレスを選ぶといいでしょう。このように、パーティドレスの種類も様々なのです。自分の体型やTPOに合わせて、色や素材を変えることが大事ですね。

CALENDAR

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

NOTICE

パーティドレス専門店でトータルコーディネート

専門店ならではの魅力 パーティドレスといえば、華やかで派手な印象ですが、実際には冠婚葬祭にも使えるものも多…

READ MORE

パーティドレスをレンタルか購入かで悩んでいる人へ

ネット購入をするメリット 友達から結婚式に招待されたというのは、誰でも必ず訪れるシーンです。友達にとって人…

READ MORE

体型に合ったパーティドレスを探そう

生地の質感に注目する お店でパーティドレスを購入する場合、サイズやデザインが限られてきます。結婚式で着用す…

READ MORE

パーティドレスは場所を考慮して選ぶのがおススメ

結婚式での注意点 パーティドレスというのは普段は着る機会がない人のほうが多いものです。ですから、パーティー…

READ MORE

Copyright(C)2017 専門店でパーティドレスを購入する時のポイント All Rights Reserved.